先輩就農者からの一言

伊那市に就農した先輩農業者から、応援メッセージをいただきました。
参考になるアドバイスが満載です。

松本画像

松本 竜司さん

就農年月 H21年5月

長野県伊那市狐島

石川県

senior_bisiness_icon

■ 品目(規模)

野菜/ブロッコリー(110a)、アスパラガス(17a)、白ねぎ(15a)、ズッキーニ(4a)、など

■ 販売先

JA・地元直売・個人販売等

就農の動機(きっかけは?)

実家は兼業農家。子どもの頃から農作業の手伝いを通じて、農作物を育てる楽しさや自分が手がけた農作物に安心感やおいしさを感じていました。  信大農学部卒業後、北海道で農業者を支援する仕事をしているうちに、自らが農業に就くことによって、農村景観を維持し安心でおいしい農産物を提供したいという気持ちが強くなり、脱サラして妻の実家のある伊那市に就農しました。

就農までの道のり

JA上伊那で行っているインターン研修を利用して、伊那市の気候・風土に合った野菜の作り方や農業機械の操作方法を研修、同時に農地の確保に努めました。一年間の準備期間を経て、就農しました。

苦労した点

当初、十分な農地の確保が出来ずに苦労しました。現在、農地は確保されているものの9ヶ所に点在しており、ほ場間の移動が大変です。  荒廃農地を整備して耕作してきましたが、雑草が多く、除草作業で苦労しています。

後輩へのアドバイス

荒廃農地はあちこちに見られますが、すぐに借りられるものではありません。貸してくれる方も人柄を見ているため、まず、地域にとけ込むことが大事ではないでしょうか?  伊那市は二つのアルプスに囲まれた自然豊かな土地柄に加え、面倒見の良い農家の先輩方や関係機関の方がたくさんいます。分からないことや困ったことがあっても親身になって対応してくださるので、日頃から積極的に地域に関わっていくことが結果的に自立への近道になるかと思います。

senior03 先輩就農者のホームページ arrow_senior_box

林 亮さん・洋子さん

就農年月 H24年4月

長野県伊那市高遠町藤沢

宮城県(亮さん)

senior_bisiness_icon

■ 品目(規模)

トマト各種(10a)、ズッキーニ(5a)、 小松菜(10a) その他

■ 販売先

有機野菜流通業者、都市直売所、個人

就農の動機(きっかけは?)

田舎で循環型のくらしをしたかったから。

就農までの道のり

北海道にて農業研修 → 神戸で有機農園勤務 → 長野県にて農業研修 → 就農

苦労した点

資金(貯金が少なかった)、住居(空き家は多いのですが)、農地(初めは借りにくい)、販路(無農薬なので)、栽培(こだわりが強くて・・・)

後輩へのアドバイス

農業は楽しい。 興味があれば飛び込んでみてください。 研修生、農業体験も募集しています!

senior01 先輩就農者のホームページ arrow_senior_box

牛丸 義郎さん

就農年月 H24年4月

長野県伊那市高遠町上山田

長野県駒ヶ根市

senior_bisiness_icon

■ 品目(規模)

野菜・水稲

■ 販売先

農協・地元直売・個人販売・流通

就農の動機(きっかけは?)

もともとは、青年海外協力隊を目指して、仕事を辞め(脱サラ)、農業学校に入りました。 その後、日本で就農し技術を高めてからでもという気持ちに変わり、就農しました。

就農までの道のり

茨城の農業実践学園で1年間の研修後、北海道と茨城の農業法人でそれぞれ半年ずつ研修を受け、就農に至りました。

苦労した点

就農地を定めずに農業研修をしてため、伊那市の作付時期等の把握ができておらず、苦労しました。

後輩へのアドバイス

アドバイスというより、自分自身に言い聞かせてる部分になりますが、農業という一つの生業で生活を成り立たせるという強い気持ちと、そのために何を売っていくのかが重要になると思っています。もちろん作物ごと、面積、反収からはじき出すものも必要だと思いますが、自分の強味をどう技術や販売に結びつけるかがポイントだと今は考え、恥ずかしい話今も模索中です。

senior02 先輩就農者のホームページ arrow_senior_box

五嶋 豊さん

就農年月 H22年4月

長野県伊那市美篶地区

東京都

senior_bisiness_icon

■ 品目(規模)

野菜多品目(80a)、小麦(12a)、 米(24a)

■ 販売先

地元直売所・個人宅配・インターネット販売

就農の動機(きっかけは?)

家族の健康。食べる物を作る技術を身に付けたかった。

就農までの道のり

温暖化を意識して、標高の高い冷涼な場所が理想だった。実際に全国をまわって理想の地を探した。千葉の家を売って、その資金で伊那市新山に家を建てた。その際に知り合った不動産屋に高遠の有機農家を紹介してもらい、1年間研修を受けた。その後、すぐに自分で畑を借り、経営を開始した。

苦労した点

農地を借りること。農業機械・資材にお金がかかる。 近隣農家との付き合い(雑草と水の管理)

後輩へのアドバイス

農業(一般作物)で食べていくには、作物の単価が安いので、どれだけ多く出荷できるかがポイント。 慣行農業であれば、買い取りの価格が安いので、出来るだけ機械化して、広い面積をこなすべき。出荷処理には人手がいる場合があるので、雇用も考える必要がある。 有機農業であれば、同志を募ってグループ化し、都会や大手スーパー・飲食店に付加価値を付けて販売するのが理想。