伊那市の農業品目紹介

農業マップに戻る

上伊那は県内有数の米の産地です。米穀生産者でつくる「JA上伊那米穀部会」を中心に美味しい米づくりを研究しています。伊那管内には4基のカントリーエレベーターがあり、サイロで米は、タネと同様に活力のある「もみ」のまま貯蔵されます。注文に応じてもみ殻を取り除き出荷しているため1年を通じ品質と味が変わらず、新鮮な「今ずり米」として高い評価を受けています。
生産費のなかで大きな比重を占めるのは労働費でしたが、近年は機械や資材の進歩によって省力がすすんでいます。しかし、生産農家の経営面積によって労働時間や1日当たり家族労働報酬に大きな差がみられ、規模拡大による一層の省力化と収益性の向上がのぞまれています。

米

多年生の植物で、他品目との組み合わせや労働力に応じ作型設定できるメリットがあります。作型は、(1)ハウス半促成、(2)露地、(3)促成(伏込み)、に分けられ、ハウス半促成と露地は収穫期により、春どりだけの「普通栽培」、春どり後に収穫休止期を設け夏秋どりする「2季どり」、春から収穫を休まず夏秋どりに移行する「長期どり」があります。伊那市では重要病害の茎枯れ病対策、儲かるアスパラ生産の観点から、ハウス半促成の2季どり又は長期どりを勧めています。

アスパラガス

重点推進品目に位置づけて生産振興を図っています。主な作型は、4月中旬~6月上旬に定植し、7月下旬~12月の夏~冬にかけて収穫するパターンです。白ねぎ栽培では主な作業に機械力が利用できます。最も労力を要するのは収穫・調整作業ですが、収穫適期の幅が広いので他品目との労力競合を避けながら収穫することが可能です。また、JAの共同選別・調整・荷造り体制が整備されているので、これらの作業の委託も可能です。

白ネギ

アスパラガス、白ねぎ同様に重点推進品目に位置づけ生産振興を図っています。主な作型は、3月中旬~5月上旬に定植し5月中旬~7月上旬に出荷する「春作型」、7月上旬~8月上旬に定植し9月上旬~10月下旬に出荷する「秋作型」の2作型です。在圃期間(定植~収穫まで)が80日前後なので、一つの畑で他作物と組み合わせた栽培も可能です。(例:スイートコーンの後作にブロッコリーなど)

ブロッコリー

日射量、日照時間、温度とも多い時期の栽培になるので生育阻害として働く要因は少ないですが、阻害要因としては、早まきした場合の発芽および生育初期の低温と晩霜、生育途中の梅雨による湿害と干害、台風による倒伏、さらには病害虫や鳥獣害の発生などがあげられます。抑制栽培では登熟期の温度下降と霜害等がネックとなります。
最近は水田汎用化や連作障害回避のための短期輪作作物としてコーン栽培が増加してきていますが、品種の組み合わせにより出荷期の幅を広げるなどの工夫が大切です。

スイートコーン

重点推進品目として推進しています。主な作型は、施設を用い春~夏に収穫する「半促成栽培」と夏~秋に収穫する「抑制栽培」、露地又は雨よけ施設で栽培する「夏秋どり栽培」があります。きゅうりは、定植して1カ月後から収穫が始まり、収穫作業は朝と夕方の2回、毎日行う必要があります。収穫・調整作業に多く労力を要しますが、収穫期間中は比較的安定して収入が得られるメリットがあります。

きゅうり

スイカの栽培は、果菜類のなかでは比較的労力・費用とも少なく、もっとも労力が集中する収穫作業も、ほかの果菜より少ない労力ですみます。
スイカは、つるの生長と果実の発育のつりあいをよくすることが栽培のポイントです。つるの生育状態には施肥が大きく影響します。肥料が多すぎると、つるぼけ(葉や茎は大きいのに果実がつかない現象)になり着果が悪くなったり、生理障害の発生によって株全体が枯れてしまったりすることがあります。また、果実の肥大・品質をよくするには、つるの整枝が欠かせません。

スイカ

ズッキーニは、ほかのカボチャと異なり、草型が叢生であるため支柱を用いた立体栽培が行なわれます。主枝には固いトゲがあり、主枝の葉腋に雌花と雄花を着生します。本葉六、七枚までの花はほとんど雄花ですが、その後は雌花が多くなり、30節くらいからほとんどが雌花になります。生育初期から生育中期にかけては交配に必要な雄花を確保できますが、生育中期以後は雄花の確保が難しいため、ホルモン処理によって着果させます。生育適温は果菜類のなかで最も低く、18~23℃といわれ、低温に耐える特性を持ちます。

ズッキーニ

病害予防を目的に移植栽培と、播種から収穫までの全期間を雨よけ下で栽培することを基本とします。施設栽培のため換気などの保温管理が多く、作業のほとんどが軽量な器具の取扱いのため、高齢者や女性だけでも対応できます。なお、栽培可能面積は収穫労力によって決定され、労力一人当たり3~5アールとなります。この品目の導入にあたっては、パイプハウス程度の施設が必要になります。しかし、暖房機などの付属設備が必要ないため、すでに施設を保有している場合には初期投資がほとんどいりません。支出面からみても、出荷経費を除いて、施設などの減価償却費と保温のための被覆資材の割合が高い程度です。

パセリ

作型は、大きくは冬~春に収穫する「促成栽培」と夏~秋に収穫する「夏秋どり栽培」の2つに分けられます。促成栽培と夏秋どり栽培は、同じいちごながら、品種、栽培時期、栽培管理方法などが大きく異なり、ある意味では別作物と捉えた方が無難です。両作型ともパイプハウスなどの施設内で高設ベンチにより養液栽培する方法が主流で、比較的多くの売り上げ金額が見込める品目ですが、初期投資額が大きい特徴があります。

いちご

低樹高の「新わい化栽培」の栽培方式では、高品質・省力化が可能で、1ha以上の大面積の栽培も可能です。防除はスピードスプレヤー、草生栽培での土壌管理は乗用草刈機で機械化されており、摘果(花)作業も薬剤摘果(花)が普及に移されていて、ある程度の効率化が可能です。収穫や着色管理は原則手作業、開園時にはトレリス(支柱)や苗木が必要で、初期費用がかかります。

リンゴ

上伊那産のぶなしめじは旨み成分のグルタミン酸などを多く含んでいます。また、肉質で弾力があり歯ごたえも抜群。注目は発ガン抑制効果で、発ガン抑制物質が豊富に含まれています。おいしくて健康効果の高いきのこです。冷凍保存が可能です。周年栽培で、一年中出荷をしています。

ぶなしめじ

肉質で歯切れがいい「まいたけ」づくりに日々取り組んでいます。栽培施設が新しく、近代設備により培養、生育管理、包装荷造りをしており、安定的な出荷をしています。また上伊那産はアクが少なくて扱いやすいので、いろいろな料理に利用できます。周年栽培で、一年中出荷をしています。

まいたけ

アルストロメリアは周年生産が行なわれており、面積当たりの収量や生産額は他の品目と比較して高い水準である一方で、種苗費、施設費、光熱費などの経費を多く要する点が問題となっています。アルストロメリアは収穫時期により単価が大きく異なり、生産性や品質向上に関する対応技術も異なるため、各時期に対応した生産方針や技術対策を検討する必要があります。また保温性の向上対策やより低コストな暖房方法についても検討が必要です。

アルストロメリア

トルコギキョウは水稲育苗の後に入る抑制作型がメインで、6月下旬定植、10月下旬出荷が大多数を占めています。抑制作型でネックとなる育苗も(農)アグリバレーの共同作業で行うため、高品質な苗が割安に入手できます。オリジナル品種が大半を占めているため、販売面でも優位販売されています。

トルコギキョウ

中央アルプスと南アルプスの清らかな水と空気の中で、生産者一人ひとりが丹精こめて肉牛を飼育しています。品種により「信州和牛」、「乳用牛」、「信州アルプス牛」と区別していますが、1頭1頭生産者の愛情にささえられ丹精こめて飼育されています。上伊那では「和牛」と「乳用牛」との交雑種「信州アルプス牛」が多く飼育されています。和牛の肉質”霜降り”の良いところと、乳用牛の短期間で大きくなる性質を利用し、また、乳用牛(国産牛)より5~6ヶ月飼育期間を延長することにより和牛に近いおいしい値頃感のある牛肉に仕上げています。

牛肉

さわやかな高原が広がる上伊那は長野県を代表する酪農地帯であり、ここで毎日搾られる新鮮な生乳は多くの人々に愛されてきました。牛乳の本物の味わいを生かしたヨーグルトやアイスクリームなどの製品も人気です。

牛乳

農業マップに戻る

上伊那の卵は、健康なニワトリから生まれた卵黄の色も濃く、白身はプリプリとしたおいしい卵です。トウモロコシを主体に、魚粉、海草粉末を加えた自然の恵みたっぷりの飼料で飼育されたニワトリから生まれているので、DHA・ビタミンE・リノール酸といった話題の成分を豊富に含んだ総合栄養食品です。一羽一羽の状態を把握し、鶏舎の衛生管理を徹底しています。

卵